アソコの黒さは簡単に綺麗になる!

イビサクリームでアソコの色が改善した喜びの声

イビサクリームに満足

私は、夏の時期になるとよく海やプールに行くので、水着になる季節の前に毎年脱毛をしているのですが、最近デリケートゾーンの脱毛をしたときに、黒ずみが気になるようになりました。脱毛するまでは、それほど気にしたことがなかったのですが、きちんと手入れをしていないと水着姿になったときに恥ずかしいなと思いました。
しかし、デリケートゾーンのことなので、どのように対策したらいいのかわからず対策方法を探していたところ、イビサクリームに出会いました。イビサクリームは、日本製で無添加なので、敏感肌の私であっても安心して使うことができました。
このクリームのいいところは、デリケートゾーンだけでなく、乳首やわき、膝など様々な部位に使用することができる点です。二度の妊娠、出産を経験してから乳首の黒ずみも気になっていたので、早速デリケートゾーンと合わせて使用してみることにしました。
このクリームは、日本で一番デリケートゾーン専用クリームとして人気があるということで、使用する前から効果を期待していました。実際に使用してみると、一本、一か月分使い終わったあたりで少しずつ黒ずみが薄くなっていることに気が付きました。
クリームを使ってケアを始めるまで、このままでは黒ずみが恥ずかしくて水着姿になれないと思っていたのですが、クリームの効果が出てきて、また水着を着る日が楽しみになりました。パートナーがいる人にとっては、男性に見られる部分でもあるので、きちんとケアしておくのが大切だと思います。

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

https://ibizabeauty.net/

 

自信を持ってビキニを着られるように

子供のころからVラインの黒ずみが悩みでした。
水泳の授業がとっても憂鬱で・・・。
毛は抜けばいいんですけど、抜いたとしても太ももの付け根からVラインにかけて濃淡のグラデーションができていたんです!
気が付いたときにはもうあったので生まれつきなのでしょうか?
そんなVラインなので、今までオーバースカート付きの水着しか着ることができませんでした。
でも本当は「布面積の少ないビキニが着たい」ってずっと思っていました。
そんなときにイビサクリームに出会って、半信半疑で試に一本注文してみたんです。
今までも似たような脱色クリームは何種類も試してみたことがあったんですけど、正直どれも「ただのクリームじゃないの?」ってくらい効果あったのか微妙で、今回も「なにもしないよりは」くらいの気持ちでした。
Vラインの黒ずみって下着のスレが原因の一つらしいから、なんにしても常に保湿クリームは塗るようにしてたんでこれも無駄にはならないかな?って。
とりあえず1本使い切ってみた頃に「あれ?なんか肌が明るくなった?」と思ったんです。
これはもしかしたら効果あるのかも!って思って、それで今度は定期ケアコースに申し込んでみました。
今思えば、定期コースの方が安いんだから最初からそうしとけばよかったと思います(笑)
それで大体半年くらい使ってみたら明らかにVラインが黒から肌色に変わっていったんです!
ちょうどそのころプールのシーズンだったんで、早速ビキニ買いに走りました。
理想の水着が着れるようになったので100点満点のクリームです!
他の場所の黒ずみにも効くらしいので、今度はワキを試してみようと思います。

 

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

https://ibizabeauty.net/

 

アソコが黒いと男性にどう思われる?

色の黒さ…男性はどこまで許せる?

 

 

デリケートゾーンの黒ずみが気になる女性は多く、それがために男性とのお付き合いに消極的になってしまう人も少なくありません。でも、意外と女性が思っているほど男性はあまり気にしていないようです。あまりにも真っ黒なのは困りものですが、女性よりもその許容範囲は広いです。

 

ある会社の調査で、女性のデリケートゾーンに対してアンケートを実施。答えてくれたのは10代〜30代の男性。デリケートゾーンがどこまで黒かったらダメかを聞いたところ、意外な事に1割の人が真っ黒でも大丈夫と答えていました。ただ、理想はやはりピンク色。好きだからこそ多少の黒さは気にならなくても、できればきれいなピンク色がいいんですね。

 

ちなみに、色が黒くて別れた事があるかどうかもチェック!その質問に対して、別れた、別れを考える一つの要因にはなったと答えた人は数名。ほとんどの人が、デリケートゾーンが黒くて別れたという事はないと答えています。

 

では、初めて彼女と行為して黒かったらどう思う?…と質問。好きな気持ちは変わるのかどうかを聞いたところ、7割ほどは変わらないと答えたものの、3割ほどの男性は気持ちが下がるといった事を述べています。色が黒いだけで気持ちが変わるなんて…女性からしてみたらちょっとショックですね。好きだといってくれた男性の理由に疑問が出てきてしまうかも…知れないですね。

 

良く知らないからこそ勘違いしている

 

 

デリケートゾーンが黒い事で、男性とのお付き合いが消極的になってしまう理由の一つに、遊んでいると思われないかどうかといった不安があります。確かに、デリケートゾーンが黒いと「これまでさんざん遊んできたのかな?」なんて思ってしまう男性が多いのも事実。男性は態度にあまりでないものの、基本的には独占欲が強い生き物なので、勝手に想像して嫉妬してしまうんですね。

 

こうした勝手な嫉妬は、実は知識不足からおこります。デリケートゾーンが黒ずんでしまうのは、実はメラニン色素が沈着してしまったから…といった事実を知らないからです。あまり大っぴらに話をされる部位ではないので、知らないのも無理はないかもしれませんが、「やりマン」といった間違った、それも最悪な決めつけをされるのは嫌ですね。ちなみに、生まれつきメラニン色素の生成が活発な人というのは、どうしても黒ずみやすくなってしまうそうです。

 

ただ、男性の性器に対しても同じことがいえます。なかには黒ずんでしまっている人もいます。こちらもほぼ同じ理由。ですから、あまりにも黒ずみが原因で空気が悪くなっている場合は、さりげなく摩擦によるメラニン色素沈着を説明してみてもいいですね。

 

アソコが黒いことでの悩み色々

経験人数が多いと思われるのが嫌

 

 

デリケートゾーンが黒いと、男性から「経験人数が多いのでは…」なんて思われてしまうと、不安になる女性が多数います。確かに、それは否定できない事。残念ながら、世の男性のほとんどが「デリーケートゾーンが黒い=経験人数が多い」と勘違いしているのです。間違った情報であるのに、昔からそれとなく言われ、女性に確認しないまま勝手に誤解したままにしているのですから厄介。女性としても「勘違いしている?」と思いつつ、確認することもできなくそのまま…。これってとても中途半端で、女性としては常に気にしているのです。

 

「デリケートゾーンが黒いのは、経験人数が多いから」といった話は、昔からの迷信。黒くなってしまうのは、下着などが刺激となってこすれて摩擦がおこり、それによってメラニン色素が沈着。黒くなってしまうのです。特に、締め付けの強い下着では摩擦がおこりやすく、黒くなりやすいので注意が必要。

 

年齢と共に女性ホルモンが減少してくるので、黒ずみが目立ちやすくなります。ですから、ホルモンバランスにはちょっと気を付けるといいかもしれないですね。ちなみに、性行為は女性ホルモンを増やすので、黒ずみ解消には良いといわれています。ラブストーリーの映画やドラマ、恋をすることも女性ホルモンの分泌量を増やすといわれていますから、黒ずみを気にするよりも恋愛関係に目を向けるようにした方がいいかもしれないですね。

 

 

根本的原因を知って対処

 

 

デリケートゾーンは、黒ずみ以外にもにおいなども気になる部位。特に女性はニオイにも敏感なので、黒ずみとおなじく気にしてしまうんですね。ちなみに、欧米では日本よりもここのケアが当たり前のようにおこなわれていて、「ピュービックケア(ピュビケア)」なんて呼ばれています。最近になって日本でも専門的なケアが取り入れられるようになってきて、膣ケア、陰唇美白、所謂デリケートゾーン美容、デリケートゾーンのアンチエイジングといった呼び名が浸透してきています。黒ずみに悩む人にとっては興味深く、その内容が注目されています。

 

ただ、どうしてデリケートゾーンに黒ずみやニオイなどのトラブルが発生しやすいのか…そうした根本的なことも理解しておかないと、ケアをしても思うような効果が得られなかったりしますので、まずは根本的原因ぐらいは知っておくようにするべき。デリケートゾーンでトラブルが起こりやすいのは、腕や足などに比べて肌がデリケートにできているだけでなく、場所的に蒸れやすく湿度や温度が高いので雑菌が繁殖しやすいから。きれいにしようとボディソープなどで洗う人がいますが、実はボディソープは洗浄力が強いアルカリ性なので逆効果。女性器の周りは酸性で雑菌予防効果があるので、ゴシゴシやりすぎないようにするのが大事なのです。正しいケアと締め付けすぎない下着で、悩みを解消していきたいですね。

 

アソコが黒い原因とは?

黒ずみに深い関りがあるメラニン色素

 

 

あそこが黒くなってしまう一番の原因は、肌の内部から生成されるメラニン色素。メラニン色素はメラノサイトから生成されますが、それにはユーメラニン(赤色)とフェオメラニン(茶色から黒)の2つの種類があり、そのどちらが生成されるかで肌の色が決定されます。そして、このメラニンは紫外線や肌への刺激から生成されますが、デリケートゾーンでいえば後者の刺激からとなります。過剰に生成されたメラニンによって肌が黒くなってしまうのですね。

 

ちなみに、お国によってメラニン量が異なり、白人はとても少なく黒人はとても多く、それが肌の色からもわかります。日本人は黄色人種になりますが、どちらかというと白人よりなので、ちゃんとケアすればピンク系の色になります。では、メラニン色素が関係する、あそこを黒くしてしまう具体的な原因とはなんなのか?それは下記になります。

 

・肌への摩擦による刺激が炎症をおこし、それが色素沈着に
・女性ホルモンバランスの変化
・ターンオーバーの退化
・乾燥による毛穴のつまり

 

…以上4点です。逆に言えば、これらに気を付ければ黒ずみは解消されるのですね。

 

 

黒ずみを作る4つの原因

 

 

黒ずみを作る原因がわかったところで、もうちょっと詳しく見てましょう。

 

・刺激による色素沈着に
皮膚が摩擦されると、皮膚の防御反応によりメラニン色素が作られます。特にデリケートゾーンは、薄いといわれるまぶたよりもさらに薄くできており、外部からの刺激によるダメージも大。下着やパンティーライナーなどが密着してこすれあったり、ムダ毛処理などで常に摩擦と刺激がある状態が色素沈着をひどくしていくのです。

 

・女性ホルモンバランスの変化
女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)は、メラニン色素生成を促進させる作用があります。成長期、生理不順などでバランスが崩れている、妊娠中などは、この黄体ホルモンが増えやすいので黒ずみが進行します。

 

・ターンオーバーの退化
20代では28日ほどだったのが、どんどん遅くなってきます。加齢だけでなく、ストレスや不規則な食生活も関係。メラニン色素が皮膚外に排出されよりも作る方が早くなり、黒ずんでしまうのです。

 

・乾燥による毛穴のつまり
あそこは皮膚が薄いので、とても乾燥しやすいもの。蒸れやすいけれども、乾燥しているのです。しかも、毛穴が多いので乾燥することで皮脂が大量に分泌して毛穴を詰まらせます。そうすると雑菌が繁殖して炎症をおこし、それがメラニン色素の生成と沈着を引き起こすのです。

 

こうした理由から黒ずみが進行しているのです。

 

アソコが黒いのを治す方法

基本は下着

 

 

あそこの黒ずみをいますぐきれいにしたい…と思っても、すぐには無理です。きれいな色にするには、かなりの根気が必要となります。なぜなら、黒ずんだ部分というのは色素沈着を起こしている状態であり、メラニン色素が何層にも重なっている状態だからです。それを取ったり抑えたりするのですから、時間がかなりかかるものとなります。ちなみに、治療薬などで皮がべろりとはがれてきれいな肌になった…なんて話もありますが、根本的な原因改善と予防法、ケアなどを知っていないと、また元のもくあみになることも…。軽い色素沈着ならいいのですが、摩擦黒皮症を起こしていると厄介。この場合は、特に普段のケアや努力が必要となります。

 

まず、黒ずみを治す基本的な方法は下着です。少しゆったりめの下着を用意します。股間接に負担が少ないボクサータイプなどは最適補正下着は、デスクワークが1日の大半を占めている人には不向き。座ることでVラインがぎゅっと締め付けられるわけですが、それが長時間続くのは黒ずみを悪化しやすくしてしまうのです。できれば下着の素材にも気を使いたいもので、綿や麻といった肌に優しいものがおすすめです。

 

そして、入浴時の洗い方にも注意が必要。ゴシゴシこするのではなく、泡立てた泡で優しくマッサージするように洗います。できれば、専用の石鹸をつかうといいですね。

 

 

美白クリームやナプキン、美容クリニックでの治療もあり

 

 

あそこは乾燥しやすい部位でもあるので、お風呂上りに専用のローションやクリームなどを塗るのも有効です。デリケートゾーン専用の美白クリームなどが販売されているので、そうしたアイテムを使うといいでしょう。ただ、赤ちゃんに使えるほど刺激物がなく肌に優しい無添加処方、トラネキサム酸やアルブチン、ビタミンC誘導体といった美白成分がしっかりと配合されているものを選ぶのがポイント。ちなみに、負担にならないようにコストパフォーマンスの良さも大事です。

 

また、毎月の生理時には、市販されている使い捨てのナプキンではなく、繰り返し使える布系のナプキンなどにすると、肌への刺激もぐっと少なくなります。素材が綿や麻であれば、刺激が少ないだけでなく通気性もいいのでかぶれなどのトラブルも減ります。ちょっと洗うのが大変ですが、肌の事を考えれば…ですね。

 

そして、最終的な手段としては、美容外科やクリニックで黒ずみや色素沈着部分を除去することが挙げられます。日本人はメラニンが出やすい人種でもあるので、あまりそこまで気にすることはないにしろ、精神的に思いつめるような段階まできてしまっているとしたら、こうした最終手段を用いるのもありですね。

 

10代で黒くなるのは異常?

Q:高校生で黒ずんでいるのはおかしいですか?

 

 

A:おかしい事ではありません。生活習慣の乱れや合わない下着で黒くなります。

 

最近の高校生は、とても大人びています。数十年前の高校生といえばお化粧なんてしていなかったのに、今ではお化粧するのも当たり前。もう大人顔負けのおしゃれ意識の高さです。ただ、やはり成長期であり多感な思春期であることは今も昔も変わりなく、人と比べて不安に思ってしまう事も少なくないようです。

 

デリケートゾーンの黒ずみに対してもそうで、ふとしたきっかけで黒いことを知り、ショックを受けて悩んでいるティーンエイジャーが多いのです。友人や家族に気軽に相談できない問題ですから、一人で悶々と悩んでしまうのですね。

 

10代という肌が元気が状態で黒ずみができてしまうのは、生活習慣の乱れや窮屈な下着が原因となっていることが多く、まずはこれらの原因を改善する必要があります。また、ストレスが上手に発散されていないのかもしれません。これらはお肌のターンオーバーを悪くしてますます色素沈着をひどくしてしまうので、早急に見直す必要があるでしょう。特に睡眠はターンオーバーを回復させるのには必須であり、夜の10時から翌2時までが一番活発になる時間帯。この時間には布団に入って就寝するようにし、最低でも6時間は睡眠をとるようにしましょう。

 

 

Q:歳をとるとターンオーバーの回復は難しいですか?

 

 

A:加齢によって回復が難しいものの、がんばれば年齢よりも若い周期を維持できる

 

10代といった若い年齢ではターンオーバーも活発で、ちょっと気を付ければ黒ずみも解消しやすいもの。ただ、30代を過ぎた頃になると、ターンオーバーを若いころのように回復させるのは至難の業。古い角質が排出されにくく溜まりやすいので、黒ずみの解消も難しくなります。睡眠をしっかりとっても、お肌に良いといわれるビタミンを摂取しても、根本的な解消にはなかなかならず、現状維持をするのが精一杯。内側だけの力に頼るのは厳しいので、外側からのケアも重点的におこなわなくてはなりません。つまり、美白成分入りの化粧水やクリームです。

 

若いころから使っているのであればあまり苦労せずにきれいな色をキープできるかもしれませんが、30歳を過ぎた頃から使うとなると、ちょっと大変かもしれません。なるべく刺激の少ないケアクリームを使うようにしましょう。美白成分が含まれているのはもちろん、お肌を整える成分もあるとさらに効果的。摩擦や刺激を受けやすいので、かゆみなども抑えられると一石二鳥です。

 

黒ずみとかゆみとの関係は?

Q:かゆくて掻いてしまうのは黒ずみをひどくする?

 

 

A:かゆみが原因で掻いたり洗浄力の強いボディソープなどでゴシゴシこすることで黒くなることもある

 

あそこがかゆくて掻いてしまうなんて、一度は体験…いやいや、ほとんどの人が時折感じているはず。なぜあそこがかゆくなるのか?そのかゆくなるパターンとしては、生理だったり肛門と近いことから出てきてしまうようです。かゆいと掻いてしまうだけでなく、洗浄力の強い石鹸やボディソープなどで何度も洗ってしまいますね。これが黒ずみを作る原因の一つになっていることも…。なぜなら、掻いたりこすったりするのが刺激となってメラニン色素を分泌させ、色素沈着を起こしやすくするからです。

 

こういうとメラニン色素が悪者のように思えますが、実は肌を守ろうとする反応の一つ。かゆみを解消しようとして?いてしまい、その刺激から肌を守ろうとメラニン色素を分泌し、結果として黒ずみとなってしまうのです。ということは、なるべく掻くのを抑え、ゴシゴシこすらず泡で優しく洗うように気を付ければいいということ。

 

我慢できそうもないかゆみは婦人科で受診して、かゆみ止めなどの塗り薬をもらってもいいですし、身体を洗うときは弱酸性の石鹸を用いてもいいですね。もちろん、ゴシゴシ力を込めて洗うのはNGです。

 

 

Q:あそこに使う石鹸の上手な選び方は?

 

 

A:刺激が少なく、肌に優しい天然成分でできた石鹸

 

ゴシゴシと強くこするように洗うと、それが刺激となってメラニン色素の分泌を増やし、ますます黒くしていきます。また、菌といっても良い菌があり、それが殺菌されてしまい悪い菌が繁殖するようになります。大切なのは、体にとって良い菌を守りながら悪い菌だけを洗い流してあげることです。

 

デリケートゾーン用の石鹸としては、刺激が少なくお肌に優しい天然成分でできている事。敏感な場所だけに、やわらかい泡立ちをするものを選んだほうが安心です。また、黒ずみ対策として、角質を落とす効果があるピーリング石鹸などもいいですね。洗った後は美白化粧水やクリームでケアしてあげるとさらに効果的。

 

ただし、お手入れは皮膚の部分だけであり、デリケートな粘膜部分にはNGです。この部分に刺激の強い成分が付着してしまうと大変。くれぐれもやりすぎないように注意が必要です。

 

見落としがちな点としては、シャンプーなどの成分がついてしまい、きちんと洗い流されていない事も…。特にバブルバスなどに入った際には注意が必要で、すすぎ不足にならないように入念に洗い流すようにしましょう。

 

美白系アイテムと美容外科…どっちがいい?

Q:美白系化粧水などでも効果はある?

 

 

A:顔用のスキンケアアイテムは逆効果になることも…それよりもデリケートゾーン専用のスキンケアアイテムを

 

普段、顔に使っているスキンケアアイテムをデリケートゾーンにも使ってもいいのか?黒ずみはきれいになくなるのか?そう思って使う人も少なくありませんが、これは避けたほうがいい行為。顔用のスキンケア製品を使っても黒ずみが消える可能性は低く、むしろ逆効果になる可能性の方が高いです。

 

その理由は、デリケートゾーンには粘膜が露出している部分があり、下手してその部分についたりしたら、その刺激によって赤くなったり痒くなったりと、肌トラブルを起こしてしまうから。しかも、これが黒ずみをさらにひどくしてしまう事もあるのです。黒ずみは刺激によっておこるので、こうした刺激が原因になってしまうのもあり得る…というわけなのです。ちなみに、顔用の美白化粧品に記載されている注意事項には、粘膜部分にはつけないようにといった事が書かれています。

 

顔用のスキンケアアイテムを使うよりも、デリケートゾーン専用のアイテムを使った方が安心です。しかも、含まれている成分が黒ずみなどに対応しているなど、デリケートゾーンの悩みに適したものとなっています。

 

 

Q:思い切って美容外科でやったもらった方がいい?

 

 

A:効果はあるが、リスクへの覚悟も必要

 

自分でケアをするものの、なかなかきれいな色にならない…なんて、挫折感を味わう事も多い、デリケートゾーンの黒ずみ。黒ずみはポンと一夜にしてできたわけではないので、それをきれいになくすのにも大変な努力が必要となります。長い目でみてコツコツとケアをおこないつつ、黒ずみを作らないように生活習慣や下着などにも注意していかなければいけないのです。

 

それでもなかなかきれいにならないとなると、美容外科などのプロにお願いしてみたくなっちゃいます。かかる費用は決して安くはないので、まさに最終手段ともいえるもの。美容に関するプロですから、デリケートゾーンの黒ずみも、自分でやるよりかはスピーディーに効果も高いものとなっています。

 

黒ずみをきれいにするのに一般的に用いられている方法はレーザーで、黒ずみの原因物質であるメラニン色素を薄くしていきます。ただ、あそこにはデリケートな粘膜があることからも、腕の良い医師でないと大変なことになることも…。人の手でやるので絶対という保証がないですから、ある程度の覚悟が必要なのです。

 

楽して黒ずみを消す方法はありません。美容外科においてもメリットとデメリットがありますので、メリットだけでなくデメリットもよく理解したうえで申し込まなくてはいけないのです。

 

 

【目次】
1.イビサクリームでアソコの色が改善した喜びの声
2.アソコが黒いと男性にどう思われる?
3.アソコが黒いことでの悩み色々
4.アソコが黒い原因とは?
5.アソコが黒いのを治す方法
6.10代で黒くなるのは異常?
7.黒ずみとかゆみとの関係は?
8.美白系アイテムと美容外科…どっちがいい?

更新履歴